【スコア別】派遣で英語を使う仕事。必要なのはTOEIC600点

派遣 英語 派遣として働く

英語を使う仕事は、正社員ではなかなか見つけにくいですよね。貿易事務や翻訳の仕事も、派遣での仕事が多いのが事実です。

「じゃあ派遣で英語を使う仕事に就きたいけど、TOEICって何点必要?」
「TOEICスコアが低い場合は、英語を使う仕事に就くことはできないの?」

私もそう思って、派遣会社を通してさまざまな求人を見てきました。 派遣社員で英語を使う仕事に就く場合、求められるTOEICスコアは600点です。

しかし派遣の求人であれば、TOEICを持っていなくても英語を使う仕事を紹介してもらえる可能性があります。

どうしても英語を使う仕事に就きたい!と思う方は、派遣社員として就職先を探してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

TOEICスキル別!英語を使う仕事

TOEIC600点は、転職で「英語が出来る」を証明できるスコアです。 TOEIC600点は、英語の聞く・読むがそれほど問題なくできるレベルです。

英語を使う仕事の求人票には「求めるスキル:TOEIC600点以上」と記載があるため、最低でもTOEIC600点は欲しいところですね。

TOEIC600点~695点でできる仕事

貿易事務や英文事務など読み書きが多い仕事は、TOEIC600点以上のスキルを求める企業が多いです。

TOEIC600~695で就ける仕事

〇貿易事務
●英文事務
〇英文経理
●英語での書面を扱う部署・会社

これらの仕事は経験者が優遇される職種ですが、企業は簡単に経験者を見つけることができない場合があります。その場合、企業は英語のできる人材から採用します。

TOEIC600点あれば、未経験でも貿易事務や英文事務などの仕事に就くことは可能です。

しかしTOEIC600点~695点であれば、英語での会話を求められる仕事に就くには少し難しいでしょう。

TOEIC700点~845点でできる仕事

TOEIC700点を超えると、英語を話す仕事にも関われます。

TOEIC700~845で就ける仕事

〇アドミ業務
●英文事務
〇バイヤー
●MD(マーチャンダイザー)

外資系や調達部の求人に求められるスキルは、英語が話せるレベルです。会社に外国人がいて意思疎通をはからなければいけなかったり、お客様と交渉する仕事にはスピーキング力も求められてきます。

理想のTOEICスコアは750点以上。経験がなくても、それだけのスコアがあれば派遣社員で採用されるケースもあります。

TOEIC850点以上でできる仕事

TOEIC850点以上は、英語上級者のスコアです。このスコアを取得できる人は、専門的な仕事に就くこともできます。

TOEIC850点以上で就ける仕事

〇国際秘書
●翻訳事務
〇通訳

これらの職種には、ネイティブ並みに英語が話せるスキル+αが求められます。

国際秘書の場合は国際的なビジネスマナーや外国人の文化を理解できる柔軟性、日本の文化を伝えられるスキルも必要となります。翻訳・通訳は、業界の専門用語(金融・IT・医療など)まで理解する必要があるので誰でも就ける仕事ではありません。

すでにTOEICスコアをクリアしている場合は、+αの部分を強化して求人へ応募してみましょう。

また翻訳事務は正社員での募集が極めて少ないので、派遣に登録して高時給の仕事を紹介してもらうのがおススメ。都内であれば、¥1,800前後のお仕事案件もあります。

TOEICスコアが低い場合は?

TOEICを受けたことがない、スコアが低い場合でも派遣であれば求人を紹介してくれます。

特に採用されやすいのは、貿易事務です。貿易事務は定型文を使ってのやり取りや、決まった型の書類作成など英語ができなくてもできる仕事が多いため、一度覚えてしまえばそれほど支障はありません。

貿易事務は人気の職業ですが、求人も多いため派遣会社では「未経験者大歓迎」で採用してくれるケースがあります。

テンプスタッフは、貿易事務の求人を多く扱っているのでおススメです。

テンプスタッフは、貿易事務専門の派遣会社である「商船三井キャリアサポート」の事業を継承しており、貿易事務の仕事を多く紹介することができます。

私もテンプスタッフで2回仕事を紹介して頂きましたが、対応が非常にいい印象です。些細なことでも営業マンが相談に乗ってくれるので、安心して働くことができます。

TOEIC600点を目指してみませんか?

しかし英語のスキルがないと、任される仕事も単純作業や日本語を使う業務のみになる可能性があります。どうしても英語を使う仕事に就きたい場合は、TOEIC600点を取得してから就職をしてみてはいかがでしょうか?

派遣会社では、無料で受講できるeラーニングの制度や資格取得のための受験料一部負担制度がある会社もあるので、このような制度を活用しながらTOEIC600点以上を目指すのもいいですね。

TOEICで高得点を取得すれば、時給も上がるし一般事務よりも応募倍率が低いので仕事に就きやすくなります。

最初は未経験から挑戦できる貿易事務の仕事をしてTOEIC600点が取れたら別の会社(TOEIC600点+経験者)としてスキルアップしてもいいかもしれません。

【英語を使う】仕事を通して英語を勉強できる
「仕事を通して英語を勉強したい」少しでも英語を使って仕事がしたい!と思っている方は、諦めずに求人を探したり英語の勉強をしてください。仕事を通して英語を話せるようになりたくて、就いた貿易事務の仕事。私は貿易事務の仕事を通して英語を話せるようになりました。貿易事務以外にも英語を使う仕事はたくさんあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました