貿易事務で正社員を目指す【意外と穴場】中小企業で働くメリットと転職エージェント

貿易事務

「中小企業って福利厚生が悪そう…」
「人数が足りなくて、忙しそう…」

マイナスなイメージが多いですよね。確かに中小企業の中には、ブラックな企業が潜んでいる可能性があります。しかしエージェントを通して就職すれば、そのような会社へ就職する可能性を低くすることができます。

私は中小企業で貿易事務として働いていましたが、すごくよかったです。

実際に中小企業で働いた経験から、中小企業で貿易事務をすることをおススメする理由をお伝えしていきます。

中小企業がおススメの理由

●未経験でも就職できる可能性がある
〇大手に勤めるより、倍以上経験を積むことができる
●仕事さえできれば、あとは基本的に自由
〇取引先から個人で覚えてもらえる

大手企業の求人ばかりを探して、就職先が見つからない!と嘆いていませんか?中小企業はあなたが思っているよりも、悪くないかもしれませんよ。

スポンサーリンク

世の中の99.7%は中小企業

私が中小企業をおススメする1つめの理由は、貿易事務が未経験でも就職がしやすいからです。

日本には総数3,820,338社の企業があり、47,935,462人が働いています。そのうち大手企業と中小企業で働く人、企業数の割合って分かりますか?

なんと日本にある企業の99.7%が中小企業なんです!想像以上に多くてビックリしました。

大企業はわずか0.3%しかありません…では従業員数の割合はどうでしょうか?

労働人口の70%の人が、中小企業で働いています。100人いたら70人は中小企業で働いていることになります。この現状から大手企業に勤めることのできる人は、ほんの一握りだと分かっていただけたでしょうか?

多くの求職者はこのことに気づかず、自分は大手に就職できる!と信じて自爆していきます。最初から中小企業に就職したい人は、そんなに多くはいません。

だから最初からあなたが中小企業の貿易事務になることを目指せば、ライバルは少ないんです。

中小企業の多さに対して、求職者の応募数が圧倒的に少ないんだね

資料引用元(https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/chu_kigyocnt/150129kigyou.pdf)

貿易事務を求めている中小企業は多い

中小企業庁によると輸出を行う中小企業は年々増加傾向にあり、その多くがメーカーです。

引用元(https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H26/PDF/09Hakusyo_part3_chap4_web.pdf#search=’%E6%B5%B7%E5%A4%96%E9%80%B2%E5%87%BA+%E4%B8%AD%E5%B0%8F%E4%BC%81%E6%A5%AD’

私も中小企業のメーカーで貿易事務をしていましたが、輸出量は結構多かったです。理由は日本の製品が海外でとても評価が高く、人気があるからです。

中小企業のメーカーでも大手に負けないくらい魅力的な製品を作って、輸出している会社はたくさんあります。

それにも関わらず中小企業には、なかなか貿易事務の経験者が来てくれません。そうなると企業側は、やむなく未経験者を採用します。

中小企業でも、積極的に海外へ輸出している企業を探して応募してみましょう。

日本にある企業のほとんどが中小企業で、中小企業のメーカーが積極的に輸出をしている。中小企業を視野に入れずに就活をするのはもったいない!

大手と比べた中小企業の魅力

そうは言っても、大手の方が福利厚生や給料はいいんじゃないの?と思いますよね?

確かに福利厚生や給料は、大手の方が勝っています。

じゃあなぜ私が、中小企業で貿易事務をすることをおススメするのか。

大手の貿易事務よりも、経験が積める

私が中小企業をおススメする2つめの理由は、中小企業の貿易事務は幅広く知識を習得できるからです。

大手と中小企業の貿易事務の大きな違いは、任される仕事の幅と量です。

大手の貿易事務はかなり細分化されています。担当エリアが国ごとに決まっているのはもちろん、インボイスを作るだけの人、発注をするだけの人、スケジュールを決めるだけの人…

貿易の一部の仕事しか携われません。しかし中小企業では、世界中のエリアを一人で担当することができる会社もあります!

さらには納期調整からスケジュール調整、書類全般の作成はもちろん、お金の回収、コレポン(外国人とのやり取り)まで、すべて一人で対応します。

私の経験した企業では、輸出・輸入両方ともの仕事を一通り任されていました。

転職に有利な人材になれる

幅広く知識を身につけるとなにがいいのかというと、次の転職にも活かせます。

1人で仕事を抱えると、嫌でも貿易の流れが把握できます。しかも英語も話せるようになります。

仕事が遅いと海外から英語で電話やメールが入ってくるので、英語を話さなければならない環境に身を置くことができます。緊急時には、英語で電話をしなければなりません。

大変ですが貿易の仕事を一人でこなすことは、やりがいもあります。

もしあなたが人事採用者だったら、輸入の船積みしか経験したことのない人と貿易の流れをすべて把握している人、どちらを採用しますか?

取引先に個人として覚えてもらえる

大手企業で勤めていると、「○○会社の人」と認識されてしまい名前を覚えてもらえないことがあります。中小企業であれば、「●●(個人名)さん」で覚えてもらえます。

私の前任の担当者は、10年間中小企業で貿易事務を務めあげた人でした。その人が会社を辞めるとなったときは、取引先がこぞってやってきて「何かあれば連絡してくださいね!●●さんが別の会社で勤められても、また一緒にお仕事がしたいので!」と言われていました。

大手企業であれば、代わりがいくらでもいるので取引先も「あ、じゃあ次の担当者は○○さんですね~」って感じで終わってしまいます。

中小企業で働いていた方が、取引先からも個人として力量が評価されやすいのかもしれませんね。

お給料ってどうなの?

中小企業の給料については、気になるポイントだと思います。残念ながら、大手企業と比べると全体的にお給料は下がります。

でも貿易事務は専門的な知識やスキルを要する専門職のため、手当がつく場合が多いです。

私のケースですが、5年目の銀行員の友人と比べても総支給に大差はありませんでした。毎月手当がついており、ボーナスもそれを踏まえて支給されるからです。

ちなみに派遣社員の場合でも、一般事務とくらべると1.2~1.5倍くらい時給は高いです。人気のある職種ですので低くても人材は集まりやすいので、低く設定している企業もあります。

交渉してなるべく高い給料がもらえる企業に就職しましょう。

中小企業に就職するための転職エージェント

中小企業に転職するにはハローワークの求人から探す方法が思い浮かぶかもしれませんが、中小企業の転職に強い転職エージェントを利用しましょう。

「中小企業=ブラック企業が多い」イメージがありますが、転職エージェントを介せばブラック企業に就職する可能性を下げることができます。

転職エージェント①:DODA(ドゥーダ)

duda

dodaは国内でも圧倒的な求人情報を提供できる転職エージェントで、中小企業の求人も多いのが特徴です。

リクルートに次ぐ求人数が魅力

求人数は10万件以上で、その数は国内大手のリクルートエージェントに次ぐ数です。

dodaは大手の求人のみならず、ベンチャー企業や地方の中小企業の求人にも強いです。求人数が多いということは、それだけ選択の幅が広がりますね。

さらにdodaは、エージェントと求人検索が両方できる点も魅力です。自分で求人を探すこともできて、かつエージェントから自分に合った仕事を紹介してもらうこともできます。

リクルートやマイナビは転職エージェントと転職サイトが分かれているので、自分でも探したい!でもアドバイザーに仕事の紹介もされたい!とゆう方に、dodaはおススメのエージェントです。

求人数が多いがゆえのデメリット

しかし求人数が多いがために、質の低い求人が紛れ込んでいることがあります。

口コミ
悪かった点は、こちらからウェブ上で自分で検索できる求人情報の質が悪いことです。

量はかなりたくさん検索可能なのですが、名前も知らないような企業の募集がほとんどですので、大手を目指している方には物足りないと思います。

また、正社員ではない求人もかなり多く、年収面、待遇面を見ても悪質なものが多々あります。ウェブ上で探すのではなく、キャリアカウンセラーに求人を紹介してもらうことをおすすめします。

引用元:Career Theory(https://career-theory.net/doda-reputation-6766)

質の悪い求人は求人情報の中に紛れ込んでいるので、キャリアアドバイザーがオススメしてくることはないと思ってよさそうです。

気になった企業(特に中小企業やベンチャー企業)は、キャリアアドバイザーに企業情報を確認してから応募しましょう。そうすることで、ブラック企業へ就職する可能性を限りなく低くすることができます。

転職エージェント②: パソナキャリア

パソナキャリアはサポートの評判が高く、さらに求人の質も高いことが魅力の転職エージェントです。

さらに、「英語を使う仕事特集」や「女性のための仕事特集」などの特集もあります。貿易事務になりたい女性はぜひ使いたいエージェントですね。

初めての転職の人は登録すべき!

パソナキャリアで最も評価が高い点は、サポート体制の手厚さです。

初めての転職や第二新卒の人は不安なことが多いですよね?履歴書や面接の添削はもちろん、転職中のアドバイスもきめ細かくサポートしてくれるパソナキャリアは、登録しておいて損のないエージェントです。

転職についての悩みについて相談するために、登録するだけでもOKです。

口コミ
初めての転職で不安でしたが、面談のアドバイスや、職務経歴書の添削、先方との条件のすり合わせなど全てにおいて細やかにサポートしてくださいました。
営業さんと、そのアシスタントさんとの連携もしっかりしているので、どちらに質問してもしっかりとした答えが返ってくるので、安心して任せることが出来ました。

求人の質がとっても高い

求人の質が高いこともパソナキャリアの魅力です。中小企業をメインに転職を考えるのであれば、紹介される会社の質が良いに越したことはありません。

口コミ
求人の量については他にもっとたくさん取り扱いがあるエージェントサービスもありましたが、パソナキャリアは質が良いように感じました。
大手企業や福利厚生がよい優良中小企業が多かったように思えます。

引用元:Career Theory(https://career-theory.net/doda-reputation-6766)

求人数が少ないことがデメリット

パソナキャリアのデメリットは、求人数が少ないことです。求人数は3万件なので、dodaやリクルートと比較するとかなり少なく感じます。

 
 
口コミ
熱心に面談を何回も入れてくれて、進みたい方向性が見えてきたものの、入りたい業種の案件がパソナキャリアになくて結局他社で転職をしてしまった
担当者の方はとても良い方だったので残念でした。次に別の業種に挑戦するときはまた相談したいです。
引用元:Career Theory(https://career-theory.net/doda-reputation-6766)
 

多くの求人を比較して就活をしたいと方は、パソナキャリアとdodaやリクルートなどの求人の多いエージェントの両方登録するのがおススメです。

しっかりと転職のサポートを受けながら、多くの求人から自分に合った会社を見つけることができますよ。

まとめ

中小企業の求人までチェックしている人は、少ないんじゃないでしょうか?正社員で貿易事務になることを目指すのであれば、中小企業の求人は絶対にチェックしておきたいところです。

正社員で大手企業の貿易事務に就くことは、よほどの運がないとなれません…

そのため「貿易事務 求人」と検索すると、ほとんどの求人が派遣会社からの募集です。貿易事務は人気の職種のため、多くの人が未経験でも応募できる派遣の求人に応募します。

「どうしても正社員で、貿易事務の仕事をやってみたい!」と思っている人は、一度視野を広げて中小企業の求人を探してみるのはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました