TOEICで人生が変わる!コレを読めば勉強のモチベーションがあがるかも

toeic モチベーション 英語×仕事

突然ですが、あなたはなぜTOEIC を取得したいのでしょうか?

●昇進したい
〇就職に有利になりたい
●旅行で困らない為に
〇留学したい

人それぞれTOEICを取得する目的があると思います。TOEICで高スコアを取りたい!と思う人は多いですが、TOEICの勉強は退屈ですよね。

モチベーションが上がらなくて悩んでいるなら、TOEICを345点アップさせて人生が変わった私の話を読んでみてください。

スポンサーリンク

英語を使う仕事に就きたい、けど就けない…

私は海外とかかわる仕事にずっと憧れていました。

しかし就活を失敗した私は1社も内定がもらえず、コネで顔見知りの会社に就職させてもらいました。しかしその会社がブラック企業と判明し、わずか11ヶ月で転職を強いられます。

「こんなクソ会社、辞めてやらあ!(ꐦ°᷄д°᷅)」

といって会社を飛び出したものの、転職先は決まっていないうえに当時の貯金はわずか10万円。

英語を使った仕事をしたい!とエージェントや派遣会社に伝えても、「TOEICのスコアが600点以上なければ求人への応募ができません。」と断られ続けました。

当時のTOEICスコアは350点。当然履歴書を提出することすらできません。

TOEICさえ取得していれば、ブラック企業に就職することもなかった。

転職だって、こんなに困らなかったんじゃないか?

何度嘆いたことかわかりません。毎晩1人、部屋にこもって泣いていました。

あわせて読みたい

Rihoの悲惨な就活日記

TOEICの勉強を本格的にスタート

その後、運よく貿易事務の仕事に就くことができた私は本格的にTOEICの勉強を始めます。TOEICだけでなく、スピーキング力アップのためにオンライン英会話にも取り組んでいたので600点の壁を破るのには時間がかかりました。

TOEICスコアのアップダウンです。
スタート:350
2回目:350→570
3回目:570→555(新形式に変更)
4回目:555→695

4回目の受験で、TOEIC695点を取得することができました。新形式のTOEICは難しい…(◞‸◟ㆀ)

TOEIC695点で転職活動した結果…

その2年後…結婚を機に、TOEIC695点+「海外と携わる仕事」を軸に転職しました。

5年前は1社も仕事を紹介してもらえなかった私が、英語を使う仕事を何社も紹介して頂きました。

●貿易事務
〇英文事務
●アドミ業務(外資系)
○外国人のアテンド業務
などなど…

なかには、貿易事務の経験者ということもあり英語力+経験値から「ぜひうちの会社へ来てほしい」と言ってくださる会社もありました。

5年前どこにも就職することができずにいた私にとって、その言葉はとても嬉しいものでした。

さらに英語ができる人材(TOEIC保持者)は派遣の場合、時給が50~100円高くなります。TOEICのおかげで、やりたい仕事(英語を使う仕事)+一般職よりも高時給の職に就くことができました。

このようにTOEICは、人生に少なからず影響していくことは事実です。

TOEICを取ったらこんないいことがあるよ!

その他にも昇進や留学など、TOEICのスコアがあれば優位になることがたくさんあります。

●昇進したい
〇就職に有利になりたい
●旅行で困らない為に
〇留学したい

旅行にTOEICは関係ないでしょw

昇進・駐在

私が勤めている企業では、昇進の条件の中にTOEIC700点以上保持者とあります。 つまり、どれだけ優秀でもTOEICのスコアが低ければ昇進することができません。

すごく勿体ないと思いませんか!?

さらにはグローバル化が進む世の中で、多くの企業は海外進出を考えています。68.6%の企業が国際部門での業務遂行には、TOEIC700点以上のスコアを期待しています。

これからの時代、英語が出来る新入社員が入社してきて英語のできない社員はドンドンおいていかれます。

彼らに追い越されないよう、今から英語の勉強を始めてみませんか?

就職・転職活動

現在、企業の75%が業務で英語を使用しており、7割の企業が採用時にTOEICのスコアを参考にしています。

近年履歴書には資格欄とは別に、TOEICスコアを記載する欄があります。これはAOスキルと同様、語学力は就職するための必須スキルになりつつあるとゆうことです。

自分が行きたい企業はTOEICスコアを重視しているかどうか、早めに確認しておきましょう。

留学

私は海外の専門学校へ行きたくていろいろと調べましたが、TOEICスコアが足りなくて留学できませんでした。

海外の大学や専門学校へ入学する際、TOEICやTOEFLのスコアが求められる場合があります。アメリカではTOEFLで61点(TOEIC590点程度)を入学基準にしている大学が多いようです。

英語を勉強するならまずは海外へ!と思われている方も多いと思われますが、まずは日本で英語の基礎固めやTOEICスコアアップなどを行ってから留学をしましょう。

TOEICスコア別職業

私が就活を行った中で、実際にあった求人票を参考に「TOEICスコア別職業」をまとめておきます。

TOEICスコア別職業
550-600点 貿易事務・英語を多少使用する業務
600-700点 貿易事務・英語を多少使用する業務・海外営業
700点以上 アドミ業務(外資系でのサポート業務)・海外営業・英会話講師・資材調達(海外部門)
850点以上 国際秘書・翻訳・通訳

英語を本格的に使う仕事は、TOEIC700点以上が基準のようです。私は695点なので、応募条件700点以上の求人にも応募が出来ました。

海外と携わる仕事がしたい!と思われている方は、就活や転職活動を始める前にTOIECのスコアをUPさせておきましょう。

まとめ

この記事を読んで1人でも多くの方が、TOEICを取るためにモチベーションを上げてもらえればなと思います。TOEICを取得したあなたは自分の就きたい仕事に就いたり、憧れの国に留学をすることができます。

前述しましたが、英語を使う仕事に就きたかった私はTOEICスコアがなくて就活にとても苦労しました。

スキルが足りなくて、あなたの夢が叶えられないことは非常にもったいないことです。

それに気づいた方は、少しづつで良いのでTOEICの勉強を始めてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました